MacOS Mojave(10.14)をお使いなっていてキーボード、マウス、またはLogicoolオプションに問題がありますか? Appleには、Logicoolオプションのソフトウェアに対するユーザーの許可が必要となる新しいポリシーがあります。 発生している問題の詳細については、「Learn More」をクリックしてください。

詳細
翻訳
またはGoogle翻訳を使用
これは何ですか?
 

USB 3.0 デバイスと同時に使用すると、ワイヤレス製品が適切に動作しない

更新済み:  08/31/2014 08:11 PM

USB 2.0 2.4 GHz ワイヤレス周辺機器 (マウス、キーボード、ヘッドフォンなど) を、USB 3.0 周辺機器が接続された PC で使用すると、干渉によって動作が不安定になる場合があります。これは、USB 3.0 リモートハードドライブまたはフラッシュドライブの使用時に特に発生する可能性があります。

この干渉によって、以下が生じることがあります:

  • マウス、キーボード入力の反応が遅い
  • キーボード文字またはマウスコマンドがなくなる
  • USB 2.0 ワイヤレスデバイスとそのレシーバー間の動作距離が短くなる

USB 3.0 の初期アダプタと、既存の 2.4 GHz ワイヤレスデバイスとの問題を軽減するためのいくつかの手法があります。

  • お使いの PC に複数の USB 2.0 コネクタがある場合、USB 3.0 と USB 2.0 レシーバーを出来る限り離してください。たとえば、お使いの PC に USB 2.0 コネクタが搭載されている場合、PC の USB 3.0 コネクタとは反対側のものを使用します。
  • USB 2.0 レシーバーを、お使いのワイヤレス機器 (マウス、キーボード、ヘッドフォンなど) の出来る限り近くに設置します。
  • 標準の USB 延長ケーブルを使用して、USB 2.0 ワイヤレスレシーバーを、USB 3.0 コネクタから出来る限り離して設置します。

この問題に遭遇しているロジクールのお客様は、USB 延長ケーブルを入手できます (詳細については、ここをクリックしてください)

注: USB 3.0 コネクタは、Super Speed USB または SS と呼ばれることもあり、通常コネクタ内に青いプラスチック部品が入っています。コネクタに 4 本のピンがある USB 2.0 コネクタとは異なり、USB 3.0 コネクタにはピンが 9 本あります。


USB 2.0 ワイヤレスレシーバーを、コンピュータの反対側に移動させます。

USB 3.0 の干渉

USB 2.0 ワイヤレスレシーバーは、必ずワイヤレス機器の最も近い場所にある USB 2.0 コネクタに設置してください。

USB 3.0 の干渉

USB 延長ケーブルを使って、USB 3.0 周辺機器から出来る限り離れた場所にワイヤレスレシーバーを設置します。

USB 3.0 の干渉


問題がまだありますか?


コミュニティに回答があるかもしれません

サポート コミュニティ お問い合わせ